2009年04月15日

新株引受権付社債

別名ワラント債ともいう。

2002年4月の商法改正により、新株予約権制度が創設され、従来のCB(転換社債)、ワラント債(非分離型)は「新株予約権付社債」という名称に統一された。
posted by catfood at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 株用語辞典-さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【PR】インターネット取引するならマネックス証券
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。